UX JAPAN FORUM IN OSAKA 社会の幸せのために、デザインができることは?〜 UXの今とこれから 〜 10/8.SAT
申し込む

今年のテーマは「ソーシャル」

ユーザーが望むことを、より楽しく、心地よく実現するための手法、UX。
UX JAPAN FORUMは、全国からUXを学ぶ人々が集い、
知恵や情報を共有し新しい知見を広げる場です。

第3回目となる今回のテーマは「ソーシャル」。
このテーマを基に、UXの可能性について議論し、
企業・デザイナーとしての在り方を考え直す場としたいと考えています。

キーノート

近年注目されている、「ソーシャルデザイン」。
デザインの力で社会課題を解決し、社会をより幸せなものにする。そんな活動が、全国のいたるところで起こっています。

そんな「ソーシャルデザイン」において、UX はどのような可能性を持っているのでしょうか?
今後私たちは、企業として、デザイナーとして、社会にどのように働きかけていくべきなのでしょうか?

ユーザーと企業という関係よりももう少し広い視野で、「社会を幸せにするデザイン」について、一緒に考えてみませんか?

草郷 孝好

Takayoshi Kusago

キーノート1

「人間開発」(Human Development)の視点に立ち、人々が主体的により善い生き方を実現しうる社会のあり方を探求。研究成果を国際会議や論文を通じ、国内外に積極的に発信している。また、ブータン、ネパール、水俣、新潟、兵庫などの生活現場に足を運び、調査活動や実地支援を展開。内発的な社会創造をテーマにして、多種多様な研究手法を活用し、国内外でフィールド調査研究、アクションリサーチを行っている。
行動する社会科学者。東京大学経済学部卒業後、民間会社勤務の後、スタンフォード大学で MA、ウィスコンシン大学マディソン校で PhD(開発学)取得。世界銀行、明治学院大学、北海道大学、国連開発計画(UNDP)、大阪大学、ブリティッシュ・コロンビア大学資源環境持続性研究センターを経て、現在、関西大学社会学部教授。

小島 健嗣

Kenji Kojima

キーノート2

富士フイルム株式会社 経営企画本部 イノベーション戦略企画部
シニアエキスパート Open Innovation Hub 館長
千葉大学工学部工業意匠学科卒。
1983年、カシオ計算機入社、デザイン室にてオフィスコンピューター機器等担当。
1986年、富士フイルム(当時 富士写真フイルム)入社。
デザインセンターにて情報システム、印刷システム、理化学機器等のプロダクトデザインを担当、その後インターフェースデザイン、デジタルコンテンツデザイン、ユーザビリティデザイン、ソリューションデザイン各グループを立ち上げる。
2006年より R&D(研究開発)の現場で、技術の本質といった抽象的なものごとを可視化するデザインの力を活用した観察とモノづくりのワークショップを6年間実践。
2011年より R&D 統括本部 技術戦略部で技術広報およびオープンイノベーションを担当。2011年に共創による新規事業創出を加速する場を提案。

浅野 智

Satoshi Asano

オープニングトーク・モデレーター

株式会社経験デザイン研究所代表取締役
特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)理事

ライトニングトーク

同テーマで全国の UX 実務者による LT を行います

平野 秀幸

Hideyuki Hirano

UX 名古屋

株式会社アクアリング
インフォメーションアーキテクト

薬師神 裕樹

Yuki Yakushijin

UX 広島

BIZ STAR 株式会社
代表

Coming Soon
Coming Soon
Coming Soon
Coming Soon

タイムテーブル

時間 プログラム
12:00 受付開始
12:30 オープニング
・浅野 智(株式会社経験デザイン研究所)
12:40 キーノート1
・草郷 孝好(関西大学)
13:30 キーノート2
・小島 健嗣(富士フイルム株式会社)
14:20 パネル・ディスカッション
「社会の幸せのために、デザインができることは?」
 ・草郷 孝好(関西大学)
 ・小島 健嗣(富士フイルム株式会社)
 ・浅野 智(株式会社経験デザイン研究所)
15:00 ブレイク
15:20 ライトニングトーク
・平野秀幸(UX名古屋/株式会社アクアリング)
・薬師神 裕樹(UX広島/BIZ STAR 株式会社)
・coming soon
・coming soon
・coming soon
16:40 閉会
17:30 懇親会

アクセス

常翔学園 大阪センター
大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ3F
GoogleMap へ

開催概要

開催日時 2016年10月8日(土) 12:30〜16:40(受付12:00〜)

※昼食はすませてからお越しください
※混雑が予想されますので、早めの受付をお勧めいたします

会場 常翔学園 大阪センター
参加費 3000円
懇親会 場所:カフェラボ(グランフロント大阪 北館1階)
参加費:4000円
時間:17:30 ~ 19:30
定員 100名
※定員に達し次第、申し込みを締め切ります
主催 UX KANSAI
後援 NPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)
お問い合わせ UX KANSAI 事務局 (uxkansai@gmail.com)
ご注意
  • 参加者の皆さんの聴講・作業風景などのお写真や、発表いただく内容は後日ブログ等に掲載させていただく可能性があります。
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります。
  • 料金のお支払いをもって申込完了となります。コンビニ決済をご利用の場合、お支払い前に定員に達した場合は参加ができなくなりますので、すみやかにお支払いをお願いします。
  • お申し込み後のキャンセルは原則お受けできません。ご都合により参加できなくなった場合は、PassMarket のチケット譲渡機能 をご利用ください。
  • 同一企業/団体様からの多数のお申し込みについては、お断りさせていただく場合がございます。
  • 領収書はクレジットカード明細またはコンビニ支払時のレシートをご利用いただけますが、発行をご希望の方は「uxkansai@gmail.com」まで ①お申し込み時のお名前、②領収書の宛名 を記載のうえご連絡ください。当日受付にてお渡しします。

UX JAPAN FORUM について

日本各地のUXコミュニティが集まる場所

物やサービス、情報で溢れかえっている現代において、あらゆる業種・業界で UXD の重要性が語られています。個人の経験や一企業の取り組みだけでは、なかなか知見を積み重ねることは難しく、UXD を推進する中で悩むこともたくさんあるかと思います。

UX JAPAN FORUM は、そんな現在の日本国内における UXD のこれまでとこれからについて、より実践的な例をもって皆さんと語り、探究していきたいと、日本の各地で UXD を学び、推進している有志が集まって企画しました。 各地で皆さんと有意義なディスカッションができることを楽しみにしています。

全国のUXコミュニティ

過去の様子

第1回目は名古屋 で、第2回目は福岡 で開催され、北海道から九州まで、全国各地から UX に関心のある方々にご参加いただきました。

後援

協力

(※50音順)